注目の1番ゲージ

鉄道模型鉄道模型の買取を行っている業者の多くは、大半の種類は買取可能になっています。そのため、あまり知られていない1番ゲージであっても買取を行ってくれる業者が多いと言えるでしょう。では、1番ゲージというのはどのような種類なのかを紹介させていただきます。1番ゲージというのは、別名ナンバー1ゲージと呼ばれることや、Iゲージと呼ばれていることがあります。

サイズは軌間が45ミリ、縮尺が30.5分の1、もしくは32分の1となっています。日本の場合には30分の1のサイズです。鉄道模型の中では大きい方に分類されますし、比較的昔から存在している種類だと言えるでしょう。外国では人気になっているところもあるのですが、日本ではそこまで人気があるというわけではありません。そのため、業者によっては買取ができない場合もあるのです。

もし1番ゲージの鉄道模型を売りたいと思った場合には、まず1番ゲージの買取に対応しているのか確認する必要があります。せっかく送ったのに、買取できないとなった場合には、普通に処分してしまうのと同じになります。業者によっては送り返してくることもあるでしょう。そのため、メールや電話で確実に1番ゲージの買取をしていることがわかってから買取依頼をしないといけません。


関連する記事

鉄道模型の種類

鉄道模型鉄道模型とは言っても、いろいろな種類が存在しているのですが、そんな中でも最も有名なのがNゲージと呼ばれている種類でしょう。
おそらく鉄道模型のことをあまりよく知らないという人でも、Nゲージという名前ぐらいは聞いたことがあると思います。
では、Nゲージ以外にはどのような種類の鉄道模型が存在しているのでしょうか。他にはHOゲージという種類が存在しており、Nゲージに次いで人気があると言えます。

ZゲージやGゲージ、OゲージやSゲージという種類も存在しています。さらには1番ゲージと呼ばれている種類もあるのですが、これはどのような意味があるのでしょうか。この何々ゲージという種類は、簡単に言えば鉄道模型の大きさを表しているのです。基本的な鉄道模型のサイズというのは、軌間と縮尺が存在しているのですが、種類によってサイズが異なっているのです。

ちなみに最も人気があると言っても過言ではないNゲージというのは、軌間が9ミリになっており、縮尺が150分の1になっています。軌間というのは左右にあるレールの間隔のことで、縮尺というのは実際の鉄道車両に比べてどれぐらい小さいのかというサイズになります。ちなみに縮尺は国によって多少変わってくるので、日本と外国のNゲージでは、多少縮尺に違いがあります。

鉄道模型の買取

鉄道マニアに人気なのが鉄道模型なのですが、鉄道模型もいろいろな業者で買取を行っています。なぜならそれだけ人気があるからなのですが、当然古いタイプの鉄道模型は、店に行っても置かれていないことが多いでしょう。最近は古いタイプの鉄道模型も人気があるので、中古であってもほしいという人がたくさんいるのです。欲しいと思う人がたくさんいるということは、買取をしている業者も多いと言えるでしょう。鉄道模型を売るときには、重要なことがいくつかあります。

宅配買取依頼をする業者は本当に信頼できるのか、適切な価格で買取をしてくれるのか、個人情報はきちんと保護されているのかなどが重要です。最近はインターネットからでも鉄道模型の買取依頼が可能になっているのですが、インターネットから申し込みを行う場合には、出張買取か宅配買取になります。出張買取は比較的エリアが狭くなっているのに対して、宅配買取は日本全国どこでも対応可能になっていることも多いと言えるでしょう。

ここで重要なのが、宅配依頼時に送料を取られないかという点です。通常は送料を取られることはありませんが、中には安い金額で買取を行い、納得がいかないから送り返してほしいと希望した場合、その分の送料がかかる場合もあるのです。このような点もよく確認してから買取依頼をしないといけません。当サイトでは鉄道模型の買取について触れているのですが、たくさんある鉄道模型の種類や特徴などを中心に解説を行っていきます。